:ロゴ

ご挨拶

「株式会社高山」は髙山政五郎が昭和30年に高山商店として創業し創業以来55年を越えて鉄、非鉄スクラップ業を行い事業を拡大してまいりました。有限な地球環境の保全に努め、緑多い自然と美しい地域を守り、循環型社会に対応した金属スクラップのリサイクルをする中で、省エネルギーに努め、環境に負荷を与えずに事業を行っております。また、あらゆる技術を取り入れて環境に優しい企業を目指し尽力しております。

2005年よりISO14001の認証取得し、年を重ねるごとに事業が改善され、2011年川越営業所事務所新築の際には、太陽光発電を取り入れ環境への負荷を少なくしております。

私達を取り巻く状況は刻一刻と変化しております。循環型社会に根ざした事業を変えることなく行いながら、現状のニーズに柔軟に対応してまいります。55年で培った「信用」を大切にし、今後も社会の期待に応えるべく事業を行って参ります。

会社概要

商号
株式会社 高山
所在地
  • 【本社】
  • 住所:〒351-0014 埼玉県朝霞市膝折町4-6-3

    TEL: 048-461-0414 048-461-3933

    FAX::048-461-5079

  • 【川越営業所】
  • 住所:〒350-1155 埼玉県川越市下赤坂94

    TEL: 049-243-5225(代)

    FAX: 049-241-0337

    E-mail :info@takayama-rec.jp

  • 【所沢営業所】
  • 住所:〒359-0012 埼玉県所沢市坂之下46-1

    TEL: 04-2944-2897

    FAX: 04-2944-2898

  • 【川越営業所】
    (第2ヤード)
  • 住所:埼玉県川越市下赤坂243番地
  • 【太陽光発電所】
  • 住所:埼玉県熊谷市成沢字合羽山1200番地
創業
昭和30年
設立(法人改組)
昭和35年11月1日
資本金
2,000万円
代表者
髙山 大輔
従業員数
30名
事業内容
製鋼原料、非鉄金属・一般鋼材購入加工処理及販売
産業廃棄物中間処理、産業廃棄物収集運搬業、自動車リサイクル破砕業、太陽光発電
主要取引先
兼松トレーディング株式会社、エムエム建材株式会社、株式会社 泉、丸紅テツゲン株式会社、和光金属株式会社
主要納入先
株式会社 向山工場、朝日工業株式会社、株式会社城南製鋼所、株式会社伊藤製鐵所
主要取引銀行
埼玉りそな銀行 本川越支店、商工組合中央金庫 さいたま支店
埼玉懸信用金庫 新河岸支店、武蔵野銀行 大井支店

沿革

昭和30年4月
代表取締役会長の父・髙山政五郎が製鋼原料販売を目的として、高山商店を創業する
昭和35年11月
(有)高山商店を設立(朝霞市岡)
昭和40年

製鋼原料問屋となる(朝霞市野火止)

兼松株式会社との取引が始まる

昭和44年11月
川越営業所開設(川越市下赤坂)
昭和51年8月
第2ヤード開設(川越市下赤坂)
昭和54年7月
資本金を2,000万円に増資
昭和55年11月

「株式会社 高山」に商号変更

創業者 髙山政五郎が代表取締役会長に、専務取締役 髙山政一が代表取締役社長に就任

江南工場用地取得(江南町(現熊谷市))

平成 2年8月
創立30周年川越営業所20周年記念祝賀会を開く
平成 3年3月
産業廃棄物収集運搬業許可取得(埼玉県)
平成 9年6月
産業廃棄物処分業許可取得(川越市)
平成11年1月
産業廃棄物収集運搬業許可取得(東京都)
平成14年3月
廃棄物再生事業者登録証明書許可取得
平成14年6月
第1種、第2種フロン類回収業者登録通知書許可取得
平成17年1月

自動車リサイクル破砕業者登録

環境マネジメントシステム国際規格 ISO14001取得

平成18年5月

所沢営業所開設(所沢市)

川越営業所第2ヤード 非鉄専門ヤード開設(川越市)

平成25年4月
熊谷に太陽光発電事業を開設
平成25年9月
代表取締役社長 髙山政一が代表取締役会長に、常務取締役 髙山大輔が代表取締役社長に就任

環境方針

資源を大切に、自然にやさしい活動を
〜地球と共存する為に〜

現在温暖化が進む中、そして異常気象と言える現象が起きる中、
今まで以上に環境への配慮が必要な時代へと移り変わって参りました。

このかけがえのない地球と共存していく為にも企業としての環境への配慮が必要です。

また地域の方々に理解して頂ける企業として環境に配慮しながら、
株式会社高山は金属のリサイクル業を行う事で循環型社会に寄与して参ります。

資源を大切にすると共に環境への負荷を減らし、自然に優しい企業として事業を行って参ります。

リサイクル業に従事している者として、その仕事について環境への負荷を掛けないよう、
それぞれの職務においても考え努めます。

  • 環境関連の法規制、並びにその他の要求事項を徹底遵守する。
  • 事業活動通じ廃棄物を資源として捉え、リユース・リサイクル・省エネルギーを徹底し廃棄物の有効利用と削減に努める。
  • 定常業務はもちろん、非定常業務及び事故等の緊急時においても汚染の予防を徹底する。
  • 本方針遂行のため、環境目的・目標を設定し必要に応じて見直し、環境マネジメントシステムの継続的改善を推進する。
  • 当社の環境方針に沿った行動を行うように、全従業員及び当社で働くすべての人に周知徹底する。

制定年月日:2004年4月19日

改訂年月日:2014年5月 1日

株式会社 高山

代表取締役社長 髙山大輔

弊社では、環境への取り組みの一貫として、
事務所屋上に設置した太陽光発電パネルで、事務所で消費する電力を賄っております。